LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

プロ・セミプロシーンのバン枠が10に増加。チャンピオンの多様性を目指して。

プロ・セミプロシーンのバン枠が10に増加。チャンピオンの多様性を目指して。

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)のプロ・セミプロシーンにおいて、今後のチャンピオンのバン枠が6から10に変更される予定だ。

なお、通常のマッチメイキングについては今のところ変更される予定はない。

10バンシステムとは

10バンシステムは、今までの最初の6枠のバンに加えてピックの途中でさらに4枠バンできるようになっている。

10bansystem

10バンシステムの説明  ※画像はライアットゲームズ公式サイトより引用

 

  1. Ban Phase 1:両チーム各3体のチャンピオンを交互にバンする
  2. Pick Phase 1:青側が1体ピック→赤側2体→青側2体→赤側1体
  3. Ban Phase 2:赤側から各チーム交互に1体ずつバン
  4. Pick Phase 2:赤側が1体ピック→青側2体→赤側1体

このシステムの狙いはゲーム内のチャンピオンの多様性を広げ、戦略により厚みをもたせることだ。ライアットゲームズ公式サイトによると、このシステムはプロプレイヤーのフィードバックを受けて今の形になったものであり、現在浮上している問題点も含めながら今後さらに改善していくとのこと。

様々なチャンピオンが使われる、より面白いリーグ戦を目指して

このシステムについて最も関心が集まることは、チャンピオンの多様性や戦略の幅が広がるようなピックができるようになるのか、それとも従来の通りただバン枠がOPチャンピオンとメタバンで埋まるのか といった点だろう。

その他「単純にバン&ピックの時間が長くなって暇になる」、「チームアナリストの仕事量がとんでもないことになる」などいくつかの問題があるが、ピックされるチャンピオンに多様性が生まれれば、今よりもさらに面白い試合が見られることはまちがいない。

実際にリーグ戦が始まればその答えが明らかになるので、楽しみに待とう。

関連リンク

Read
ARAM勢。LoLのRedditを漁っては翻訳しています。国語力が低いため文章に多々おかしなところがございますのでご注意ください。
Return Top