LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

学園祭でLoLをしよう!龍谷大学e-sportsイベントレポート

学園祭でLoLをしよう!龍谷大学e-sportsイベントレポート

2016年11月5日龍谷大学の学園祭にて、e-sportsサークルの「ゲーム体験会」が開催されました。

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)とコール・オブ・デューティ(CoD)のサークルがブースを出しており、ゲーム機を用意して初心者の方といっしょにプレイするなど、ゲームの面白さを伝える活動をしていました。

さらに、一般的には聞き慣れない”e-sports”というものを説明するために自作のポスターを展示する等、e-sportsの認知を広める活動も行っていました。

半数以上が留学生!龍谷大学LoLサークルとは

龍谷大学LoLサークルの最大の特徴は、40人を超えるメンバーの約半分が留学生である点です。

なぜこれほどまでに多くの留学生が参加しているのか、サークル代表の李 茂川さんに聞いてみました。

lol_ryukoku

龍谷大学LoLサークルの代表:李 茂川さん(右側)と副代表の鶴田さん。

 

李:「私自身中国からの留学生で、日本語の授業でLoLの話題を出したことがあるんです。そしたら結構な人数がLoLをプレイしていて、それがきっかけでLoLサークルを立ち上げました。」

李:「現在は日本と中国の学生がほとんどですが、いつかは様々な国の留学生を集めて、多国籍なゲーミングチームを作るのが目標です。」

オンラインゲームはコミュニケーションツールの一種です。ゲームを通じて新しい言語を学習し、友人も作れるなんて夢のようですね!

ゲーミングPC10台用意!オフラインでゲームの楽しさを伝える

ryusai2

ズラリと並んでいるゲーミングノートPC。Lanパーティの会場みたいでした。

 

LoLサークルではゲーミングノートPC10台を用意し、来場者がすぐにLoLを遊べるように準備されていました。これらのPCはe-sports×Uがサポートしたそうです。以前Mikulasでも何度か取り上げましたが、e-sports×Uは全国各地のLoLサークルを様々な形で援助されている学生支援プログラムです。

もし「LoLのイベントを開きたい!」と考えている学生の方がいらしたら、一度e-sports×Uに相談してみてはいかがでしょうか。

teacher

サークルメンバーの方が操作方法やビルドの解説をされていました。LoLを初めてプレイする来場者が多かったようで、サークルの方々は忙しそうに会場を右往左往している姿が伺えました。

kinryusen

他大学のサークルとも交流があるようで、以前に近畿大学との交流戦が開催されたようです。

強豪CoDサークル”Dragon”も学園祭に参加

ryusai_dragon2

龍谷大学CoDサークル”Dragon”のメンバー。ユニフォーム欲しい!

 

龍谷大学のCoDサークルである”Dragon”は、数々の学生大会で好成績を残しているチームです。LoLサークルと同様に彼らもCoD体験会を開いていました。

ryusai_dragon

中でもサークル代表のハイドタイガー選手は、e-sportsを題材として卒業論文を制作しているほどのゲーマーです。どんな内容になるのか気になりますね!

全国で広がるLoLの学生活動

今回は京都にある龍谷大学LoLサークルの活動の様子を取材しました。他にも早稲田大学や群馬大学、南山大学等々のLoLサークルがLoLを通して様々な活動を行っております。

ゲームの体験会を開くにせよ大会を開催するにせよ、かなりの労力と時間がかかりますが、好きなゲームを通してこういった活動をすると自然と満足感が満たされるものです。

北米では学生を対象にした大会”ULoL Campus Series”が開催されており、多くの大学が参加しています。日本ではこういった学生大会は少ないですが、全国のLoLサークルの活動が活発になるにつれてより盛んに開かれるようになるでしょう!

関連リンク

Read
ARAM勢。LoLのRedditを漁っては翻訳しています。国語力が低いため文章に多々おかしなところがございますのでご注意ください。
Return Top