LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

hachamecha、勝つ自信「ありました」 Logicool G CUP 2016は『Crest Gaming』が優勝

hachamecha、勝つ自信「ありました」 Logicool G CUP 2016は『Crest Gaming』が優勝

2016年11月3日、アマチュアLoLチーム日本一を決めるトーナメント大会「Logicool G CUP」の決勝戦が、東京都渋谷区の渋谷ヒカリエ「Hikarie Hall」にて開催されました。

決勝の対戦カード「Serenade Gaming vs Crest Gaming」は、なかなか決着のつかない接戦となりましたが、Crest Gamingが2-0で勝利し優勝を果たしました。

勝つ自信「ありました」 今後のチーム活動内容は未定

表彰式では優勝したCrest Gamingに、準決勝までの試合実況を行ってきたkatsudion氏からインタビューが行われました。

――本当にファイナルは素晴らしい試合でしたね。(試合結果は)2-0ではありますけれども、見ていて皆さんわかりますよね。あの熱狂。どちらが勝つのかが最後の最後までわからなかった。そんな中で「Logicool G CUP優勝」というピリオドを打った素晴らしい試合でした。(katsudion氏、以下同様)

――TOPのSHG Hyoさん、優勝です。今の気持ちを聞かせてもらえますでしょうか。

SHG Hyo(TOP):予選からきて、優勝までできたので本当に嬉しいと思います。

――2ヶ月間、長い長い戦いだったと思うんですけど、その間どのような気持ちで過ごしていたんですかね。

SHG Hyo:もうすぐ決勝になるという実感はなかったんですけど、会場にきて(観客の)人数とかを見て実感して、ちょっと緊張しちゃいました。このように良い結果が出せたことに、本当にありがたく思っています。

――ありがとうございました。優勝おめでとうございます。

――ジャングラーのhachamechaさん、今日もハチャメチャしちゃいましたけども。まずは皆さんも気になると思うのは、「トランドル・ジャングル」(1試合目)、「アイバーン・ジャングル」(2試合目)と出してきましたけど、これは用意していたんですか。

hachamecha(JUNGLE):そうですね。トランドルは、オラフが走ってくるのに対してピラーで止められるんでCCのほうでも良いし、一対一でも殴り合えるので。ジンのウルト展開とかも遠くから止められるので、割りとあのタイミングだと使いやすいと思って出しました。

アイバーンも、自分たちのレーナーがバックラインキャリーだったんで、守りながらシージできる、バロンにプレッシャーをかけられる、ということで用意していました。

――めちゃくちゃ考えてますね。ご自分でアンバーン・ジャングルを用意したんですか。

hachamecha:そうですね。アイバーンを何回かやって、どういうのが強みかを確認していって、結果として守る能力とオブジェクトを1人でやる能力とかが強いと感じたので。

――ぶっちゃけ勝つ自信はありましたか。

hachamecha:ありました。

――優勝おめでとうございます。

hachamecha:ありがとうございます。

賞品を受取るhachamecha選手

優勝賞品「Logicool G 製品 70万円分」を受取るhachamecha選手

――Hide on bushさん、今日はあなたの日でしたよ。ズバリMVPと言っても過言ではないでしょう。

Hide on bush(MID):そうですね。無事に勝てて良かったです。

――「ブッシュがあってよかった」と。控えめですね(笑)。ゲームではあんなにグイグイ行くのに。

――オフライン会場でのこういう大会は初めてだと思いますけれども、会場を沸かせました。その感想をズバリ。

Hide on bush(MID):一試合目のルブランで結構キャリーできたので、それが良かったと思います。

――このあとHide on bushさんがプロを目指すのかどうか、皆さん気になっていると思います。どうですか。

Hide on bush:もちろん目指してます。

――目指す、ということでお言葉いただきました。優勝おめでとうございます。

今後の活躍が期待されるHide on bush選手(MID)

今後の活躍が期待されるHide on bush選手(MID)

――ADC、ion102さん。正直言って(対戦相手)Serenade GamingのBOTレーンは強く、この試合一番の苦労人だったのではないかなと思いますけど、どんな気持ちでゲームをプレイされていたでしょうか。

ion102(ADC):hachamechaさんに「ファームしよう、ファームしよう」と言われても、どこ見てもジャングルのクリープも無いし、レーンも全部プッシュレーンだし、”全部食えない”って状態だったんですけど……。なんとかMIDがキャリーしてくれたし、チームに感謝です。

――優勝という素晴らしい結果を手に入れました。今のお気持ちをお願いします。

ion102:本当に嬉しいですし、チームに感謝しかないです。

――このあとみんなで打ち上げですね

ion102:はい、それは楽しみたいと思います。

――優勝おめでとうございます。

――へーたきゅん選手、ion102選手と並んでのBOTレーン、苦労人だと思います。プラスしてあのハチャメチャな試合をサポートとして支えるのは本当に大変だったと思うんですが、どういう気持でプレイされていたんですか。

へーたきゅん(SUPPORT):基本的にうちはTOPサイドで戦ってることが多いので、レーンの位置とかはすごい気をつけながら戦ってます。

――ハチャメチャなチームですけれども、今後のチーム・活動というのはどのように考えていますでしょうか。

へーたきゅん:このあとは何も聞いてないんでわかんないですけど、まあやるんじゃないですかね。

――これからもチームとして続けていく、と。

へーたきゅん:たぶんそうじゃないですか。

――たぶん、なんですね。

ion102:聞かれると思ってなかったです。

――今日みなさん揃って、絆っていうのは深まったんじゃないですか。

へーたきゅん:やっぱり対面して話すと全然違いますね。試合前の控室でピック&バンとか色々話し合いもしたんですけど、TeamSpeakで話しているときよりも密度の濃い話し合いができたかなと思います。

――ありがとうございます。

――優勝を手に入れ、絆も深まったCrest Gaming。これからの選手、チームの活動に期待していきたいですね。

関連リンク

ふぃ~ど
物書き見習い。フィドルが如くラーメンを食らう。
Return Top