LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

LoL日本王者Rampage、「ストリーマー」などの新部門で人材募集

LoL日本王者Rampage、「ストリーマー」などの新部門で人材募集

10月15日、リーグ・オブ・レジェンド(LoL)のプロチーム『Rampage』が新たな部門として、「ストリーマー※」、「オーバーウォッチ」の2部門を立ち上げることを発表した。

現在、部門設立に伴ってメンバーを募集しており、チームの公式WEBサイトから応募が可能だ。

※ストリーマーとは、WEBプラットフォームなどで映像配信を行う配信者のこと。LoLで言えば、元Dignitasのimaqtpie氏や元TSMのDyrus氏など同時視聴者数の平均15,000人を超え、ゲーム配信だけで生活できるストリーマーも少なくない。

Rampage、新たな挑戦

2013年「WCG 2013 League of Legends 日本代表予選大会」に優勝したRampage

2013年「WCG 2013 League of Legends 日本代表予選大会」に優勝したRampage

2012年からLoLで活動してきたRampageは、今年ついに国内プロリーグ「LJL」夏シーズンで優勝。2013年「WORLD CYBER GAMES」、2016年「StarLadder i-League League of Legends Invitational」「International Wildcard Qualifier」など、多くの大会に日本代表として出場してきた強豪チームだ。

2014年 国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」に出場

2014年 国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」に出場

2015年「League of Legends Japan League」シーズン2開幕戦の様子

2015年「League of Legends Japan League」シーズン2開幕戦の様子

2016年「League of Legends Japan League」Summer Split優勝

2016年「League of Legends Japan League」Summer Split優勝

発表によれば、日本を制した彼らが次に挑戦するのは「e-Sportsの認知拡大、裾野を広げる事への貢献」とのこと。

日本において、とくに「e-Sportsの認知拡大」はこれまで多くの人々がチャレンジしてきたにも関わらず、いまだに大きな成果を出せていない課題だ。プロチーム組織として、そこにどのように切り込んで行くのか。これから日本のe-Sportsを新たなステージへと導く、Rampageの活躍に期待したい。

関連リンク

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top