LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

群馬でLoL! 学生主催「第一回グンマーオブレジェンド」イベントレポート

群馬でLoL! 学生主催「第一回グンマーオブレジェンド」イベントレポート

9月25日に群馬県の学生たちが主催するLoLプレイヤー交流イベント「第一回グンマーオブレジェンド」が開催されました。

会場となった高崎駅前のネットカフェ「sideEbot」には県内外から20名弱が集まりイベントに参加。その場で即席チームが組まれ、チーム対抗で交流戦が行われました。

交流戦を楽しむ参加者。8割以上が県内の学生でした。

交流戦を楽しむ参加者たち。8割以上が県内の学生でした。

参加者は大学生が多かったものの、「友だちに誘われて初めて参加しました(16歳・女性)」、「大学のLoLサークルに興味があって、見学も兼ねて遊びにきました(17歳・男性)」と、初めてオフラインイベントに参加する高校生の姿もありました。

また、”普段は都心のイベントに遠征している”という群馬在住の参加者も多く、「第一回なのに思ったよりちゃんとしたイベントで驚きました(21歳・女性)」、「群馬開催のイベントがもっと増えてくれたら嬉しい。”群馬県民vs埼玉県民”みたいな近隣県との交流戦が実現したら楽しそう (24歳・女性)」、「群馬県内ではイベントが全然ないので、次回もぜひ参加したい(21歳・男性)」と満足感が高く、今後の継続開催を望む声を聞くことができました。

コスプレでプレイする参加者も(ピックはもちろん"ジン")

コスプレでプレイする参加者も(ピックはもちろん”ジン”)

「秋葉原より近い」と埼玉県から参加した男性(24歳)

「秋葉原より近い」と埼玉県から参加した男性(24歳)

“群馬らしい”イベントを目指して

高崎市内には観光名所も多い(写真は当日撮影した高崎白衣大観音)

高崎市内には観光名所も多い(写真は当日撮影した高崎白衣大観音)

イベント後、発起人の高崎商科大学2年生の門脇さんは「店舗PCに事前にLoLをインストールしておいてくれるなど、会場のsideEbotさんが気を利かせてくださって助かりました。参加者の皆さんが喜んでくれて嬉しいです。」と感想を聞かせてくれました。

門脇さんは、これまで都心で開催されるイベントに何度も参加する中で「群馬でもイベントをやりたい」という想いがつのり、学生支援プログラム「e-Sports×U」協力のもと、今回のイベントを企画。自身が代表を務める高崎商科大学の公認サークル「高崎商科大e-SportsClub」を中心に、群馬大学、前橋工科大学の学生たちで約1ヶ月前から毎週打合せを重ね、ようやく今回の開催が実現したそうです。

「グンマーオブレジェンド」運営チーム 左=ドーさん(前橋工科大学)、中央=門脇さん、右=大松さん(群馬大学)

「グンマーオブレジェンド」運営チーム
左=ドーさん(前橋工科大学)、中央=門脇さん、右=大松さん(群馬大学)

「今回はイベント進行の段取りが詰めきれてなかったのが反省点でした。次回は改善したいと思います。また、せっかく群馬で開催しているので、景品や演出を工夫して”より群馬らしい”イベントを目指していきたいです。(門脇さん)」

今後は、年内の第二回開催を目標に準備を進めるとのことでした。群馬在住のLoLプレイヤーの方は、パワーアップする次回の「グンマーオブレジェンド」に是非参加してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top