LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

LJL夏シーズン、ついに開幕 YutoriMoyashi「僕の世界線ではクアドラだった」

LJL夏シーズン、ついに開幕 YutoriMoyashi「僕の世界線ではクアドラだった」

5月25日(水)、国内プロリーグの夏シーズン「LJL2016 Summer Split」がついに開幕した。

シーズン初戦は、前シーズン4位の「7th heaven(7h)」と初参戦チーム「SCARZ(SZ)」による試合が行われ、BO3(※)で7hが2-0で勝利した。(※:Best Of 3=最大3戦行われ、2戦先取したチームが勝利というルール)

1戦目は25分で7hが圧勝。試合終盤にはYutoriMoyashi(ADC)が4キルに成功しエースを獲得するシーンもあった。

2戦目の序盤はSZが試合をコントロールする動きを見せたが、その後は構成を活かしたエンゲージが上手く決まらず、7hが徐々に試合の主導権を奪い、39分で勝利した。

試合後、YutoriMoyashiは1戦目の4キルを振り返り「今回はクアドラキルだったけど次こそはペンタキル取りたいですね!」とSNS上で発言した。だがその後、実際には連続キルの制限時間を超えており、”クアドラキル(4連続キル)”は未達成だったことが判明。本人は「僕の世界線ではクアドラだった」と弁明している

7hは今シーズンからJUNGLEをCornに変更しており、調整が間に合うか不安視されていたが、上々の立ち上がりを見せた。一方でSZはコミュニケーションエラーによる連携ミスが目立ち、課題の残る初戦となった。

関連リンク

(写真はリーグ公式より引用)
※5/27 0:29 一部、引用文章に誤表記と思われる箇所がございましたのて修正いたしました。

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top