LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

NALCS開幕!元TSM Dyrus氏の順位予想(前半)

NALCS開幕!元TSM Dyrus氏の順位予想(前半)

北米のプロリーグ、NALCSが17日に開幕する。日本時間ではAM5:00からスタートだ。

それに伴い、元TSMのDyrus氏がNALCSの順位予想をSNSに投稿した。今回の記事ではその翻訳文を紹介する。

かなり長い文章なので前半では1〜4位まで、後半では5〜10位までを紹介したい。

今年のNALCSは去年と比べ選手の入れ替わりが激しい。ここ最近EUからNAへ移籍する選手が増え、ロースターの大幅変更を実施したチームがいくつかあったからだ。

Dyrus氏はその出場チームたちをどう見ているのだろうか。早速、彼の順位予想(前半)を紹介しよう。

注意してほしいのだが、彼の発表した順位予想はあくまで彼の主観によるものである。参考程度に受け取ってほしい。

Dyrus氏の順位予想とチーム・選手の考察

やぁ、Dyrusだ。君たちの何人かが僕に「どのチームが次のLCSで注目されるの?」って聞いてきた。

だから今発表されているNALCS出場チームのロースターを参考に、強さのランキングを作ってみた。

この順位は僕の経験と予測で書いたもので、あてにしない方がいい。冗談半分で受け取ってくれ。

第1位:TSM

tsm_logo
現在のラインナップはかつてTSMが抱えていた多くの弱点を克服した。また、新しいコーチ達が加わったことで(戦略的にも)大きな違いが出てくるだろう。

TSMが1位を走り続けられるかどうかは、Bjergsenの手首の調子と、チーム全体が噛み合ってよいシナジーが出せるかどうかによるだろう。
さらに、自己満足で終わらず最後までモチベーションを維持できるかも重要だ。

Bot laneはDoubleliftとYellowStarっていう非常に経験値が高いプレイヤーがそろっているから、大会の開始直後は相当注目されるだろう。

だけど、もし何試合か負けてしまってモチベーションに問題が出てきたら相当ヤバい。ベテラン選手のメンタル克服というのはかなり難しいからね。

HauntzerはTopの優秀な人材に乏しいNAにおいて最後の希望のような選手だ(ZionSpartanは除く)。サンノゼでのIEMではFlameやAcornといった世界最強レベルのTop lanerと対等に戦っていた。

Soazにボコボコにされたからといって、その一戦が彼の強さを表す判断材料になるわけではない。Soazはまるでマップハックかなんかやってるかと思うくらい上手くプレイしたからだ。本来の彼の力は、そこまでじゃない。

Svenskeren + Bjerg = デンマークの秘密兵器

Doublelift + YellowStar = 説明不要

第2位:Immortals

immortals
Cloud 9にRushが入ったからといって彼らを2位にする人の考えがわからない。このチームは以下の面々で構成されている。

・元FnaticのTopとJungle(huni、Reignover)

・元TSMのADC(Wildturtle)

・元TIPのSupport(Adrian)

・元CLGのMid(Pobelter)

注目されるという点でこれ以上のチームは存在しない。だが、同チームに所属する選手全員が実力に波がある(ごめん。ちょっと言い過ぎているかも)。

韓国人選手とのコミュニケーションが一番の問題になる・・・と思う。正直よくわからない。

HuniはLoLをプレイする分には十分すぎるほどの英会話能力があるし、Reignoverはそれ以上だ。

ネイティブ並みの英語力ではないが、彼らはEUのプロリーグを一度も負けることなくWorldsに出場した。なのでコミュニケーションはそこまで問題にならないかも。

PobelterとWildturtleは素晴らしい実力があるものの、あまり脚光を浴びなかった選手だ。前のチームでスタープレイヤーだった奴ら(Doublelift、Bjergsen)を考えればしょうがない。

TSMとImmortalsの試合は、きっととんでもない注目を浴びるだろう。過去のチームメイトと(しかもチームの主軸だった奴らだ。)対戦するわけだからね。

最後にAdrian。彼がTIPで活躍できなかった理由がわからない。あいつは三つのChallengerアカウントを持っている。しかも全部Support。どうやったらそんなことできるんだ?

Solo queueに関していえば君たちはもっと彼を見上げるべきだ。ランクを上げたければね。

彼らの弱点と思われるところは、相手を20分で倒すか倒されるかってところだろう。実力に波が出てくる可能性が高い。

それと実況のPheakが「qua↑dra kill↓」を言いきる前に、全員が敵の泉にダイブする可能性がある(笑)。まぁそこも見所の一つだ。

3~5位まではかなりきっこうしている。だけど今回はCLGから始めよう。

3位:CLG

clg
キープレイヤーだったDoubleliftとPobelterが抜けたことによって、多くのCLGファンがTSMに移った。

君たちは何も見えていない。CLGがDoubleliftだけじゃないってところを知らないんだ。

CLGは2vs1やローテーションにおいて、他のチームより常に秀でている。誰がこの戦略を考えているかわからないけど。

CLGの本当の強さは、個人プレイではなく、チームプレイと戦略にあるんだ。

Darshan(ZionSpartan):Topにいても司令塔を担える能力がある。個人の技術レベルは他のTop lanerよりも頭一個抜けている。HaunzerやImpactを相手にしても、常に優勢だった。

Xmithie:NAにおいて、最も過小評価を受けているJunglerだ。

確かに時々彼は謎のGragas Ultをすることがある。しかしXDGにいたころの功績が彼をチームに留まらせている。Zionと彼のシナジーは非常に厄介だ。Top Teemo並みにウザい。

Aphromoo:NAで最も優秀なSupport。説明不要。

Huhi:彼がMidを担うようになってから何度か練習試合をしたらしんだけど、かなり上手かったと聞いた。

彼は長いことCLGと関わり続けているからチームのシナジーをよく理解しているし、常にSolo queueをやっている。いってしまえば「ステージで活躍したことの無いEasyhoon」だ。

Stixxay:彼は多分僕のことを嫌っているだろうね。Solo queueで彼と同じチームになるたび、僕はいつもfeedしてるから。

Aphromooの講座を受けて選手としての自信がつけば、彼がADCの”猛獣”になることは間違いないだろうね。

チームの弱点:過去のCLGのようにモチベーションが下がりきった状態に陥ってしまうこと。

でもそんな状態にはならないかも。前のチームメイトをぶっ倒すために、今まで以上に気合いが入っているだろうからね(多分)。

恐らく、多くの批判中傷が彼らを襲う。だけど、CLGに親切なファン達が彼らを今まで以上に守ってくれるだろう。

4位:Cloud 9

cloud9
去年の夏のLCSからWCSにかけて奇跡的な快進撃を遂げたチームだ。6~7位でLCSを終えた後、WCSで3連勝した。

チームに一体何が起こったのかわからないけど、Haiの感動的なショットコーリングと仲間のモチベーションを上げた行動は尊敬すべきだ。

RushがCloud 9のJunglerになったことで、チームが抱えていた問題は解消された。しかしそれと同時に、チームの最大の強みであったHaiのショットコーリングが若干損なわれたように思える。

彼がSupportになったことを「完璧な変更だ」という人もいるが、ちょっと考えてみてくれ。SupportはCSを穫る必要が無いにせよ、対面とダメージ交換を成立させなければならない。

つまり、Junglerの時よりもどうしてもlane戦に集中しなければいけなくなる。だから、判断が多少は鈍ってしまう。ひとたびlane戦を乗り越えたら、ローミングなりゲームメイクなり好きなことができる。そして、彼はそういった能力に長けている。

一つのロールを極めることが選手の基本だが、彼のようにJungle、Mid、Supportと3足のわらじを履くことができる人間は非常に稀だ。正直にいうと、かなり無理していると思う。なんにせよ、見どころの一つだよね。

Balls:メンタル面が非常に強いプレイヤー。WCSの時にRiot(の実況者や解説者)から、「韓国でDiamond 2程度のプレイヤー」などと非難の声を受けたが、EUの覇者であるFnatic相手にPentakillを成し遂げた。

聞いた話では、Ballsはティルトに陥ったことが無いらしい。行うことをチームに伝え、ただ行動する。不平や不満を一度も言ったことがないようだ。

ただ一つの心配事は、他チームのTop lanerが確実に進化しているということだ。強敵ぞろいだが、そこを上手く調整できれば彼は何の問題もない。

Rush:DoubleliftがNALCSのMVPであることに疑いはないけど、RushはSolo queueの神様だ。

彼のプレイスタイルをどのようにチームが噛み合わせてくるか、非常に興味がある。TIP時代のRushとImpactはソロでキャリーするタイプだった。彼らが何もできないことは負けを意味していた。

Sneaky:Haiが歴史上最も優れたショットコーラーである一方、Sneakyは最も安定したADCだ。

Jensen(Incarnation):このシーズン中、彼はより一層有名になるだろう。彼のプレイには多くの上達が見られる。

 

後半へ続く・・・

関連リンク

Read
ARAM勢。LoLのRedditを漁っては翻訳しています。国語力が低いため文章に多々おかしなところがございますのでご注意ください。
Return Top