LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

「楽しかったあの日々を必ず取り戻す」元LCS選手Voyboy氏の近況とこれから

「楽しかったあの日々を必ず取り戻す」元LCS選手Voyboy氏の近況とこれから

人は誰かのために何かのために自分の身を削ってでも行動を起こすことがある。

Voyboy氏はとても優しい性格で自己犠牲を厭わない人間性が極端に見られる。彼のような人物は己に無理をさせすぎるため、精神的にも肉体的にも大きな負荷がかかってしまう場合が多い。何の責任も背負わない趣味のゲーム配信ですら重荷を感じることがあったようだ。

しかし彼は前に進み続ける。配信から一時期身を引いた後、彼はNACS出場チーム”Team Frostbite”のコーチとなった。

全てが不確かな状況の中、ただ決意を固めて進む彼は今後どのような人間に成長を遂げるのだろうか。今回の記事ではそんな彼の性格を表したFacebookのポストを紹介しよう。自分の弱い部分を公に話してくれた彼の勇気に尊敬の意を送りたい。

はじめに

やぁみんな。
まずはじめに近頃の活動の報告をしなかったこと、今僕が置かれている状況を説明しなかったことについて謝りたいと思う。何度かFacebookとかにポストしようとしたんだけど苦しみから逃れられずに結局黙ったままだった。今日はそんな状況を変えようと思う。

多くの人が知っている通り、LCSを引退して以来一年中ずっと配信を続けていたんだ。視聴者のみんなと会話をしたり、何か一緒にやることは最高に幸せなことだった。ここ最近配信ができなかったことは本当に最悪だったよ。だから僕ができるだけ早くカムバックして配信を再開したいと思っているということを知ってほしい。

個人的なことは滅多に話さない性格なんだけど、近頃僕が活動報告をしていなかったことに関して理解してもらうために、僕の過去について話そうと思う。

過去と性格

僕は子供の頃からずっと自分をより良くするために常に自分に無理をさせていた。この性格はいくつかの素晴らしい成果を産んだ。クラスでは一番の成績をとれたこともあったし行きたい大学にも合格できた。ゲームについて語ればプロゲーマーになれたし実力のある選手として国際試合にも参加できた。

だけど、この性格のせいで僕は精神的な不安に何年も悩まされてた(配信で自殺防止等のチャリティーイベントをしたことは本当に多くの意味があったよ)。無理をするあまり2014年の春のLCSでは良くないプレイを連発するようになっていったし、結局はこの性格がチームを引退する原因にもなってしまった。

それでも僕のチームメイトは僕を信じてくれてたから、なんとか活動を続けたんだ。なんとかしてこの状況を抜け出そうと努力したんだけど精神的な負担はあまりにも重く、耐え凌ぐのはとても難しかった。

夏のLCSでは君たちから見たら僕は最高のパフォーマンスを発揮していたように見えてたかもしれないけど僕は未だに精神的な悩みを抱え続けたままだった。

無理を続けていたら手と手首が故障しはじめて、僕は無視してプレイし続けようとしたんだけど最高レベルの舞台で実力を維持し続けるのはとても難しくなってしまった。

LMQに2-3で逆転ストレート負けしてしまい世界大会に出れなくなってしまった時は本当に絶望したよ。今までの試合や時間、僕が努力していたことの全てが最終的に何もなし得なかったように思えたんだ。

健康状態とキャリアを保つため僕は早々にLCSの舞台から降りることを決定した。

去年の僕の配信をよく見ていた人は僕がテキトーなプレイをよくしていたことに気づくかもしれない。僕はもうプロとして活動していた頃のように真剣にはプレイしないんだ。

楽しむことを優先し視聴者が望むようなピックとかしてelo hellに突入したりだとか、ゲームを台無しにしまくったりクレイジーなピックをしたり1v5を仕掛けてみたりしていた。そういうプレイは最高に楽しくて僕は世界の頂点にいるような気がしてその状態を続けたいと強く思ったよ。

だけど、みんなを喜ばせようとすると無理をしてしまい逆にストレスを感じてしまって、その感情が良い気分を押しつぶしてしまうことがしょっちゅうあったんだ。

手の症状が悪化していく中、数ヶ月前にある医者に”手根管症候群”の初期症状だと診断された。

ゲームを続ければ症状が悪化していくのはわかったんだけど僕はゲームを続けた。配信で毎日8〜14時間はプレイしているんだと医者に言ったら「今の仕事を休止することを真剣に考えた方が良い」と言われてしまった。僕はそのセリフを聞きたくなかった。配信を止めたくなかったからね。結局配信は一日8時間までと制限し、リハビリを始めた。また、無理することもやめるようにした。

手首が故障することを考えたらそれが今後の人生にどれだけの影響が出るか、本当に怖かったんだ。僕はこの状況を恥じ、手首の治療を続けた。今後お世話になるかもしれないチームやスポンサーに迷惑がかかるかもしれないってね。今考えたら馬鹿げた考えだと思うけど当時は本当にそう思っていた。

僕が配信をやめるほんの少し前に、ある出来事が起こった(誰かとの関係がどうとかではないよ)。僕にとって全く初めてのことで、それに新しく挑戦することになった。それ以来僕は本当に頑張って取り組み、配信を止め、ソーシャルメディアに自身のことをポストしなくなり、もう普通の僕じゃなくなっていくように感じた。

こうすることが苦しみと戦うってことじゃないのはわかってる。これは偽善なんだ。僕は何か問題を抱えている人達を救うためにいつも彼らを励ますんだ。みんなはそうすることは人の役に立っていい気持ちだと思うかもしれないけど僕は自分の首を絞めているような気持ちになってしまう。

多くのファンが僕がポジティブで誰かを奮い立たせるような人間だと思ってると思う。それは多分、そういう人間だと振る舞っていただけだ。弱い人間だと思われたくなかった。

応援してくれている人達に

僕を頼りにしてくれていた誠実なファンに謝るよ。失望させてごめん。

でも今は楽しかったあの日々に戻れるように努力している。今は人間として配信者として今までより強くなって戻ってくるっていう決意ができている。

みんなが僕の今の現状を理解してくれて、二度と失望させたくない気持ちであることをわかってほしい。この一ヶ月間ただ尻込みしていただけなんて思わないでくれよ。配信をしていない間にe-sports産業により深く関わる機会を探していたんだ。そしてあるchallengerチームのサポート役として彼らを手助けしていた。さらに今は公言できないけど表にならない部分で色々とやっていた。

心配しないでくれ。僕は配信とみんなを愛している。そしてその考えが変わることは今後一切ないよ。

じゃあね(Cya nerds)。近いうちにまた。

Voy

原文・画像引用元

Read
ARAM勢。LoLのRedditを漁っては翻訳しています。国語力が低いため文章に多々おかしなところがございますのでご注意ください。
Return Top