LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

「絶対にカムバックするので待っていてください」Ozone Rampage Meron選手インタビュー

「絶対にカムバックするので待っていてください」Ozone Rampage Meron選手インタビュー

「腕を怪我したぐらいのことで諦めたくないので、絶対に治して復帰します。」

そう語る彼は、ゲーミングチーム「Ozone Rapmage」に所属するMeron(めろん)選手だ。

今年はシーズンMVPを受賞するなど活躍を見せてくれた選手だが、現在は過度な練習のすえ腱鞘炎になってしまい、思うようにゲームプレイができない状況が続いている。今回は休養中の彼に話を聞いた。

Meron(めろん)
ゲーミングチームOzone Rampage所属のADC。2011年に「League of Legends」のプレイをはじめ、Ozone Rampageの前身チームPenTacticalから在籍する古株プレイヤー。国内プロリーグ「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE」では2015年シーズン2にMVPを受賞。世界大会「WORLD CYBER GAMES 2013」に日本代表として参加した経験も持っている。最近好きな食べ物はハンバーグ。

強いプレイヤーがいたら、その人の技を盗んでいました。

「対戦ゲームが大好きです。対戦しないゲームはあまりやりません。」

TVゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」や将棋など、子供の頃から対戦する遊びが好きだった彼は、近所のカードショップで開催されていたカードゲームの小学生大会で優勝したこともあった。

子供の頃から培ってきた”勝負の駆け引き”の感覚は、もちろん今の競技活動の中でも活かされているという。

「League of Legends(以下LoL)」は2011年にプレイを始め、当初は誰からも指導をうけず、独学でとにかくプレイした。

ゲーム中には、自分以外の9人のプレイヤーに常に注目し、活躍しているプレイヤーの上手い動きはすべて真似て取り入れていった。

「強いプレイヤーがいたら、その人の技を盗んでいました。チャンピオンの使い方、アイテムの選び方も。しっかり観察して、真似て、強くなりました。もちろん、ただ真似するだけではダメです。自分で考えて理解して自分のモノにしないと。」

「ただ真似するだけではダメです。自分で考えて理解して、自分のモノにしないと。」

「ただ真似するだけではダメです。自分で考えて理解して、自分のモノにしないと。」

ちなみに、競技シーンで長く活躍し続ける彼に「モチベーションを維持する方法」についてもたずねてみたのだが、空振りに終わった。

彼はLoLに飽きたことはないのだ。プレイすればするほど奥が深く、面白すぎてやめられないのだという。

「Solo Queueでひどい目にあわされたり、何か言われてメンタルに影響するかもしれないですが、そいったときは気にせず休むようにしています。あんまり他人のことは気にしないほうがいいですよ。」

”強さの秘訣は練習”

彼は、その強さの秘訣をインタビューされると必ず「練習」と答えてきた。

「僕は本当に誰よりも練習しています(笑)チームの練習では、下手なチャンピオンをやらされて、馬鹿にされたくなくてひたすら練習、練習、練習と、繰り返していました。最初は苦手でプレイしたくもなかったチャンピオンなのに、いつのまにか好きになっていて、キャリーできるようになってしまうんです。」

以前はVayneのプレイングが下手でチームメイトに馬鹿にされていたこともあった。だが、それが悔しくて、練習した結果、今では彼の得意チャンピオンの一人となっている。

”強さの秘訣は練習”その言葉は嘘でも、パフォーマンスでもないのだ。

そして、そのストイックすぎる姿勢が、選手生命にもかかわりかねないケガを招いてしまったのもまた事実だ。

「ケガをしてしまってからは、なるべくストリーミングを見てついていくようにしています。あと瞑想をしてみたりとか(笑)このケガをなおして復帰して、これからも長く頑張るのが今後の目標です。絶対にカムバックするので待っていてください。」

おそらく、暗い顔をしているのではないか。そう思って臨んだインタビューだったが、チームで一番の「努力家」は笑顔を交えて答えてくれた。

(写真=Gaze)

関連リンク

Ozone Rampage公式WEBサイト
Ozone Rampage公式Twitter

オオギ
フットワーク軽く、いろんな方のお話を聞きにいきます!
Return Top