LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

国内プロリーグ、新規出場は「USG」「神風」。予選大会は元プロを有するチームが制す。

昨日10月29日、国内プロリーグLJL(LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE)の予選会「CHALLENGER TOURNAMENT for LJL2016 S1(以下LJLCT)」のグループ決勝が行われた。

試合の結果は下記の通りだ。

グループ優勝した2チームは、LJL2016本戦へ出場する

グループ優勝した2チームは、LJL2016本戦へ出場する

Group A決勝

Unsold Stuff Gaming VS. Sky Rocket

2-0でUnsold Stuff Gamingが勝利した。

Group B決勝

神風 VS. Saikyo Makinyan

2-0で神風が勝利した。

新興チームは一歩及ばず。想定外のトラブルも。

今回のグループ決勝では、プロリーグ出場経験をもつプレイヤーが所属しているチームが、新興のチームを退けて予選会を制した。

新興チームでは選手同士の連携がうまく機能しない場面や、ケアレスミスが頻発してしまう場面もあり、大会経験の差がうかがえる試合模様となった。

また、Group B決勝では神風が圧勝したが、対するSaikyo Makinyan側が予定メンバーで出場できないなど、トラブルがあったことがTwitter上で話題になっており、リーダーのMakinyan選手は自身の配信の中で悔しい心情を語った。

この結果によりLJL2016シーズン1は「DetonatioN FocusMe」「Ozone Rampage」「7th heaven」「CROOZ Rascal Jester」の既存4チームに、今回勝利した「Unsold Stuff Gaming」、「神風」を加えた計6チームが出場することが決定した。

波乱が予感される来年のLJL開幕にファンは期待を募らせている。

関連リンク

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top