LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

BANされたチャンピオンから分析するWCS2015

BANされたチャンピオンから分析するWCS2015

※この記事はBrendan “Helfdanez” Schilling氏の記事を翻訳したものです。
10/8時点に投稿されたものですのでグループA、Cの最終日が終わった直後の内容です。
大会全体を通してPatchは5.18です。
原文(http://www.goldper10.com/stat/2604-analysis-on-the-top-bans-for-each-group-at-worlds.html

この記事では現在開催されている世界大会のグループ Stageにおいて、BANされたチャンピオンをそれぞれのグループの赤側チーム、青側チーム、そしてそれらの合計から調査していきます。

それぞれのグループの持つ特徴がどのようにBAN/Pickに影響を与えているのかを明確にしていきましょう。

グループA

WCS2015 GroupA

WCS2015 GroupA

  • Counter Logic Gaming
  • KOO Tiger
  • Flash Wolves
  • paiN Gaming

赤側のBAN

チャンピオン BAN率
Mordekaiser 100%
Gankplank 50%
Elise 33.3%
Lulu 33.3%
Rek’sai 33.3%

グループAの赤側において最もよくBANされているのはMordekaiserとGankplankです。

この二体は現行のメタで最もOPなチャンピオンでゲームに強い影響を及ぼすため、どのグループにおいても積極的にBANされます。

その他三体はElise、LuluそしてRek’s