LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

DeToNator、LJLCT出場を見送る。新メンバー募集の発表も。

DeToNator、LJLCT出場を見送る。新メンバー募集の発表も。

2015年10月15日、プロチームDeToNatorが今月開催のプロリーグ予選「Challenger Tournament for LJL2016(以下LJTCT)」に出場しないことが、ジャングラー・LQ7選手のTwitterで発表された。

LJLCTは、League of Legendsのプロリーグ「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE(以下LJL)」の出場権をかけ、シーズンごとに行われる予選会だ。そして今回は、2016年のLJL第1シーズンの顔ぶれを決める大舞台。そこで優勝確実と見込まれていたチームのまさかの欠場に、ファンや関係者の間に衝撃が走った。

欠場理由は人員不足

今回の欠場理由についてチームに取材を行ったところ、「LJLまたはLJLCTを目標の一つとして活動をしておりましたが、メンバーの脱退による出場に必要な人員を確保できなかったためです」との回答があった。

今年9月、東京ゲームショウ2015で行われた大会「Logicool G CUP」では圧倒的な実力で優勝をもぎ取ったDeToNatorだが、その試合にTOPレーナーとして参加したDTN Carilrui選手、MIDレーナーのDTN Roki選手が続けざまに脱退し、戦力が大幅に落ちていた。

チームは8月時点から募集をかけていたが、採用には結びつかず今回の結果に至ったようだ。(参考記事「DeToNator、LoL部門でMIDレーナーを募集」)

DeToNatorの今後は?

今回、DeToNatorはRoleを問わずメンバー募集を行うことを発表した。今後は、チーム内でも競争を促しプレイスキルの向上を図るという。もちろん選手層を厚くする狙いもある。

DeToNatorの競技選手の将来を考えた活動方針は他チームと一線を画しているため、LJLCT出場チームの選手の中でも、トーナメントが終了した段階で移籍を検討する選手も少なくはないだろう。

最後に代表の江尻氏に、LJLCT欠場を受けて心配するファンに向けたメッセージを頼んだ。
「これからも実績を少しずつ積み上げて、コミュニティーやファンに応援していただけるように活動をするのみです。新たにメンバーを募り、元気な姿をお見せすることが応援してくださる方へのメッセージになると思うのでこれからも頑張っていきたいと考えております。」

メンバー脱退、LJLCT欠場、さまざまな壁にぶつかっているDeToNatorだが、その実直な歩みが止まることはなさそうだ。

関連リンク

DeToNator メンバー募集ページ
DeToNator公式Webサイト
DeToNator公式Twitter
MaxJam氏Twitter

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top