LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

Team BlackEye、新設LoL部門の今後の動向は?

Team BlackEye、新設LoL部門の今後の動向は?

最近、League of Legends(以下LoL)の国内チームが動きが活発だ。

プロアマ問わず、多くのチームがメンバー募集を発表しており、新体制やスポンサー獲得の発表も続いている。

各チームへの取材によれば、やはり来年開催されるLoLの国内プロリーグ「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE(LJL)」を多くのチームが意識しているようだ。

すでに出場が決まっているチームは来期に向けてさらに体制を強化し、それ以外のチームもLJLへの出場権をかけ年内に開催される「CHALLENGER TOURNAMENT for LJL 2016」を目標にしのぎを削っている。

だが様々なチームに取材を重ねるなかで、そういった動きとは一線を画す『Team BlackEye』に出会った。

新設LoL部門はじっくりと育てる姿勢

今年、『Team BlackEye』はWEBサイトでLeague of Legends部門のメンバー募集が開始されたが、その後の続報はなかった。

そこで今回チームに問合せたところ、意外にもまだ本格稼働はしておらずメンバーも広く募集中との答えが返ってきた。また現段階ではLJLにも参加予定はなく、「上位チームがハードル(金銭面)をかなり上げているため、トップは目指しにくい」と判断しているとのことだ。

一見すると弱気にも見える姿勢だが、未完成のままの出場はしないという信念に、他ジャンルのゲームで数々の実績を残しているチームとしてのプライドを感じた。

現在、格闘ゲーム部門のネモ選手はプロツアーのファイナル出場が決定しており、FPSゲーム「Counter-Strike: Global Offensive」部門も来年のメジャー大会「ESL One Katowice」を目指しレベルアップを図っているという『Team BlackEye』。

そのロゴを身につけたLoLチームの勇姿が見られるのは、まだまだ先のようだ。

関連リンク

Team BlackEyeオフィシャルWEBサイト
Team BlackEye公式Facebook
Team BlackEye公式Twitter

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top