LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

「Logicool G CUP」決勝大会ついに開催。幕張メッセの大舞台に立つ4チームとは。

「Logicool G CUP」決勝大会ついに開催。幕張メッセの大舞台に立つ4チームとは。

「League of Legends(以下、LoL)」アマチュアチームの日本一を決める国内最大規模のトーナメント大会「Logicool G CUP」の決勝大会が、2015年9月19日と20日に東京ゲームショウ2015にて開催される。

8月から9月にかけてオーガナイザー4団体が開催してきた予選会で選び抜かれたチームたちが、幕張メッセの大舞台で優勝をかけて戦う。

公式サイトによれば、試合の組み合わせは本日9月18日発表予定だ。

参加チーム紹介

organizer_tournament
今回の決勝大会のため、4つの予選会から各1チームが選出された。

その出場4チームに取材を行ったので早速ご紹介したい。

DeToNator (e-sportsSQUARE 予選会)

6年の歴史を持つDeToNator。新設LoL部門の実力が問われる。

6年の歴史を持つDeToNator。新設LoL部門の実力が問われる。

FPSゲーム「Aliance of Valiant Arms(以下、AVA)」のチームとして、2009年に活動を開始スタートしたDeToNatorは2015年9月で6周年を迎えた歴史のあるプロゲーミングチームだ。LoL部門は今年設立されたばかりだが、着実に実力を伸ばしており注目が集まっている。

―(筆者、以下略)大舞台TGSへ向けての意気込みを聞かせてください。
ここまで来たら優勝あるのみです!​

―「この人に注目してほしい!」という選手はいますか?
今回、DeToNator LoL部門としては初のオフライン大会の出場ですので、すべての選手に注目をしていただきたい気持ちですが、リーダーのCarilRui(かりるるい)のTOPに注目してほしいです。一度、League of LegendsからAVAでの活動になり、再度League of Legendsでの活動をしています。

DeToNatorの柱となる選手ですので、是非注目をしてほしいです。

SCARZ(JCG 予選会)

2015年、SCARZはマルチゲーミングチーム化を果たした。

2015年、SCARZはマルチゲーミングチーム化を果たした。

続いてご紹介するのもプロチームだ。

2012年にFPSゲーム「BATTLE FIELD3」のチームとして設立され、今年G2A.comのスポンサー契約を獲得し、念願のプロチーム化を果たした。(参照:「マルチゲーミングチーム『SCARZ』、プロチーム化 G2A.comがスポンサーに」)

精力的に活動を続けており、先週は「Hearthstone」部門の選手が日本代表決定戦でBEST4入りし、来週はFIFA部門の選手が日本代表決定戦へ出場予定だ。LoL部門はこれまで海外大会を中心に活動してきたが、日本で開催される本大会にも情熱を燃やしているようだ。

―大舞台TGSへ向けての意気込みを聞かせてください。
最初に、SCARZのLOL部門として初のオフライン大会でこのような素晴らしい舞台を用意していただいた運営の方に厚くお礼を申し上げます。

色々ありましたがJCGの代表として全力を尽くします。
選手は休まずに今日出ることを願い毎日練習して、休日は 七時に起きて海外トーナメントに出場したりなど努力をしています。
その努力していく姿はこれからも変わりません。一番頂点取る夢を叶えるため走り続けます。色々な人の想いを抱えて我々SCARZは闘って優勝します。

―「この人に注目してほしい!」という選手はいますか?
Nova選手です。

Nova選手はアメリカのボストン在住の日本人。正にLOL界の黒船逆輸入!
彼は1vs1が非常に強く、Outplayをよく見せてくれます。
集団戦も非常に上手く、相手を次々に倒してくれると思います。

PLUS ULTRA (CyAC 予選会)

とある秘密結社がチーム名の由来という「PLUS ULTRA」

とある秘密結社がチーム名の由来という「PLUS ULTRA」

PLUS ULTRAは「普段Solo Queueをメインに活動している人たちで大会に出てみよう!」というコンセプトのもとメンバーを集めた一風変わったチームだ。

結成されて間もないにも関わらず、早々と「BASH TOKYO」とのスポンサー契約を締結したことで話題を呼んだ。現在、活動費などの支援を受けながらチーム活動をしているという。

短期間の練習の中でソロプレイヤーたちが、どこまで”チーム”として機能するのか。注目のポイントかもしれない。

―大舞台TGSへ向けての意気込みを聞かせてください。
大舞台TGSで自分たちが試合をできることがとても嬉しいです。今まで練習してきたことを全て出し切れるように緊張に負けないで頑張りたいと思います!

―「この人に注目してほしい!」という選手はいますか?
絞れないので全員です!

普段チーム活動をしていないメンバーばかりですが、練習を積み重ねた姿を皆様に見ていただきたいです。

バオウザケルガ (e-sports甲子園 予選会)

最後に紹介するバオウザケルガは学生大会「e-sports甲子園」から選出された”学生チーム”だ。メンバーのうち2人がLoLイベント運営をしているうちに、自分たちも出場したくなりメンバーを集めてチームを作ったという。

スポンサードを受けて活動している他チームに対して一見すると不利にも思えるが、どんな戦いを見せてくれるのだろうか。取材には思いのほか強気な回答をくれた。

―大舞台TGSへ向けての意気込みを聞かせてください。
実際自分たちよりもレベルの高い人達が多く緊張しますがきっと良い結果を出してみせます!!

―「この人に注目してほしい!」という選手はいますか?
予選である甲子園で0デスだったeulennewbie選手と、安定した大黒柱c10memoria選手が注目です!!


王者の座を勝ち取るのは、一体どのチームだろうか。

それぞれの想いを胸に、明日から開催される決勝大会へ挑む。

関連リンク

Logicool G CUP 特設サイト

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top