LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

LJL2015 GCS アフターパーティー潜入(!?)レポート

2015年8月8日(土)、白熱した「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE Grand ChampionShip(以下GCS)」が幕を下ろした。(GCSについては別記事「LJL 2015 GrandChampionShip観戦レポート」を読んでほしい。)

その夜、同じく秋葉原で行われた「アフターパーティー」に足を運んだ。

GCS本戦は映像配信されたが、パーティーの様子は配信されていないため、出来る限り詳細に伝えようと思う。

グラスを片手に歓談を楽しむ多くの参加者

グラスを片手に歓談を楽しむ多くの参加者

eyesの目 特別編!?

LJL専属実況者としてお馴染み、キャスターのeyes氏。毎週ニコニコ生放送にて『eyesの目』という人気番組も放送しています。(番組MCのeyes氏がゲストを招いてのトークやゲームを楽しむといった番組です。)

今回、アフターパーティでは『eyesの目 特別編』として、3名のゲストを順番にステージ上に招いて、トークを楽しんでいました。

ゲスト1人目 DetnatioN代表 梅崎(LGraN)氏

マルチゲーミングチーム『DetnatioN』 代表 梅崎(LGraN)氏

マルチゲーミングチーム『DetnatioN』 代表 梅崎(LGraN)氏=写真右

GCS序盤、DetonatioN FocusMeが2連敗した段階では、諦めかけていたという梅崎氏。2連敗を巻き返しての優勝には「選手達もよくやってくれた。」と感慨深く語られていました。

そのほか、ゲーミングハウスでの生活については、「実際に顔を合わせて話し合いが出来て大きなプラスにはなる」と語る一方で、(メンバーに対して)「お前ら掃除をしろ!」とのお叱りの言葉も(代表自ら朝起きてゴミを拾ったりしてるんだとか。)

ファンに対しては「世界に向けて頑張るので応援よろしくお願いします。」とコメント。

LGraN氏の「お前ら掃除をしろ!」の一言に、eyes氏も爆笑。

LGraN氏の「お前ら掃除をしろ!」の一言に、eyes氏も爆笑。

ゲスト2人目 LJL専属解説 Revol氏

LJL専属解説 Revol氏

LJL専属解説 Revol氏

登壇したときには、すでにほろ酔い。そんなRevol氏のLJL出演裏話が繰り広げられました。

eyes氏からTwitterのダイレクトメッセージが送られたのがキッカケで、今に至るまでの長い付き合いになったそうです。

出演した当初は「緊張で何もしゃべれなかった」と語るRevol氏だが、今では「最後の5戦目。会場が一つになって応援している状況を解説席から客観的に見れるようになった自分が嬉しいですね。」とコメント。

ファンに対しては「Twitterで褒められているのを実は見てます。これからもどんどん褒めてね(笑)」と、お茶目さもみせました。

ゲスト3人目 DetnatioN FocusMe MID Ceros選手

今年のMVP、DetnatioN FocusMe MID Ceros選手

今年のMVP、DetnatioN FocusMe MID Ceros選手

見事、昨年に続き2連覇を果たしたDetonatioN FocusMeのCeros選手ですが、スクリム(チーム練習)ではBANされると思っていたChampionは一切練習せず、Ceros選手自身の長所であるプールの幅広さを生かす練習をしていたとのこと。今回その作戦が上手く作用し、満足気な表情。

「日本全体のLoLプレイヤーのレベルが上がってきている中で、また優勝できたのは素直に嬉しい」と優勝の感想を語りました。

そしてファンに向けて「IWCでは、さらにChampionプールの広さを披露出来るように頑張っていきます。応援よろしくお願いします。」とコメント。

パーティー参加者限定のプレゼント大会

豪華景品を懸けて参加者限定のプレゼント大会も行われ、全てはステージでクジを引く、室川氏の右腕に託されました。(筆者は残念ながら当たらず。素直に悔しかった。)

Teemoのバンドが当たり嬉しそうなAK Mocha氏。うらやましい。

Teemoのバンドが当たり嬉しそうなAK Mocha氏。うらやましい。

ロゴ入りストラップを手にガッツポーズをするのは、LJL出場選手のIMT 7h Evi選手(左) さらにはTeemoのアレを手に入れ、笑顔の参加者。

ロゴ入りストラップを手にガッツポーズをするのは、LJL出場選手のIMT 7h Evi選手(左)
さらにはTeemoのアレを手に入れ、笑顔の参加者。

Twitchが用意した目玉景品『ペア宿泊券』 当たった人はペアで行く人を探すんだとか。

Twitchが用意した目玉景品『ペア宿泊券』
当たった人はペアで行く人を探すんだとか。

最後に

最後の締めはやっぱりこの人。 LJLを運営する株式会社SANKOの代表 鈴木氏。

最後の締めはやっぱりこの人。
LJLを運営する株式会社SANKOの代表 鈴木氏。

GCS出場チームのオリジナルポストカードも配布されていた。

GCS出場チームのオリジナルポストカードも配布されていた。

あと余談であるが、わざわざ筆者に話しかけてくれた方がいた。(私にもやっとファンがついたかと満足。

これを励みにさらに良い記事を見ている皆様にお届けできるように精進したい。

国内規模が徐々に大きくなっているLeague of Legendsのシーン。

プレイヤーもそうでない方も、是非このようなオフラインで開催される関連イベントに足を運んでいただきたい。

めると
マルチゲーミングチーム【SkyRocket】サブマネージャー。日本のe-sports普及を加速させるため、2015年2月からライター・キャスターなど幅広く活動している。 個人サイト「宿屋めると
Return Top