LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

e-sports学生大会「第1回 e-sports甲子園」の出場校が決定

e-sports学生大会「第1回 e-sports甲子園」の出場校が決定

2015年6月7日(日)「第一回 e-sports甲子園」がe-sports SQUARE AKIHABARA(東京・秋葉原)にて開催される。学生だけで構成される団体「e-sports推進サークル」が主催。

スポンサーには「アヴァロンの騎士」など数多くの人気ソーシャルゲームや、通販サイト「SHOPLIST.com」、無料ブログサイト「CROOZ blog」などのネットサービスを運営するクルーズ株式会社がつく。

日本にe-sports文化を定着させるために

主催のe-sports推進サークルは、「e-sports文化の定着のために、学生がコミュニティを作れる環境を作ろう」
という目標のもとに様々な学校から有志の学生があつまったサークル。

大会運営などに注力して活動しており、メンバーは随時募集中だという。

 「e-sports文化の定着のために、学生がコミュニティを作れる環境を作ろう」という想いから結成された学生サークル

 「学生がコミュニティを作れる環境を作ろう」という想いから結成された学生サークル

仲間とともに、いざ 輝きの舞台へ

今回、彼らが開催する「e-sports甲子園」も、e-sportsをプレーする学生たちが、さまざまな人と繋がりを持つきっかけを作りたい、という想いから開催を決定した。

種目として採用するゲームタイトルはe-sportsの中で最も人気の高いLeague of Legends(通称LoL)だ。

LoLを筆頭に、e-sports競技シーンが盛り上がりつつある日本だが、まだまだ『e-sports』という言葉が市民権を得るには時間がかかると言われている。

こういった学生たちの活動が、この流れを加速させてくれるのか。今後の動きに目が離せなくなりそうだ。

予定を上回る参加チーム

参加チームは当初予定されていた8チームを上回り、12チームまで引き上げた。

出場資格は
・学生であること
・1チームに登録校の在学生が3名以上いること
という条件にもかかわらず、ここまで応募が殺到したことには驚きを隠し切れない。

トーナメント形式はシングルエリミネーション、各試合は Best of 1 形式(1試合のみ)で実施されるという。

トーナメント表(出場9校12チーム)

トーナメント表(出場9校12チーム)

また、当日は会場に「マッチングボード」を設置し、各プレイヤーには学校名やサモナーネーム等を付箋に書いて貼ってもらい、プレイヤー同士の交流を促す。

大会解説はプロの選手が努める

なんと、今大会はプロリーグLEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE(通称LJL)で活躍しているチームである「CROOZ Rascal Jester」のLillebelt選手の解説によって進行される。

実業団式プロチーム「CROOZ Rascal Jester」

実業団式プロチーム「CROOZ Rascal Jester」

CROOZ Rascal Jesterといえば、LoL大会常連のチーム。

2014年には、今大会のスポンサー・クルーズ株式会社とパートナシップを結び、同社から実業団支援を受けることを発表。日本のLoLプロチームとしては初となるゲーミングハウスの設立で話題を呼んだ。

大会解説は今回が初というLillebelt選手の解説ぶりにも注目したい。

大会概要

開催日時 2015年6月7日(日)
当日会場 e-sports SQUARE AKIHABARA
開場・受付開始 午前11:00
競技タイトル League of Legends
参加費・観戦費 無料
※飲食持込禁止

大会配信

AfreecaTV(高画質)
ニコニコ生放送
Twitch TV

出場校情報

日本工学院八王子校
慶應義塾大学
東京工科大学
電気通信大学(UEC e-Sports/WEB/Twitter
芝浦工業大学(SIT e-SportsClub/WEB/Twitter
日本電子専門学校
アルスコンピューター専門学校
法政大学(e-sports研究会/Twitter
HAL東京

関連リンク

e-sports甲子園公式WEBサイト 
学生e-sports推進サークルTwitter(@e_koshien)
学生e-sports推進サークルFacebookページ
CROOZ株式会社
CROOZ Rascal JesterオフィシャルWEBサイト

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top