LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

魂を奪う手作りアクセ!闇夜に光るThreshランタン

魂を奪う手作りアクセ!闇夜に光るThreshランタン

ゲームの流れを変えられるスキルを豊富の兼ねそろえたキャラクター性能、そして洗練されたビジュアル。

Thresh(スレッシュ)はSupportチャンピオンの中でも絶大な人気を誇っています。

あなたはThreshといえば、何を思い浮かべますか?
Threshの印象的な特徴といえば、やはり『ランタン』ではないでしょうか。

そのランタン中にはLucianの奥さんがとらえられている、という因縁のストーリーは有名ですよね。

生きとし生ける者の魂を囚える彼の『ランタン』。
今回は、それをモチーフにアクセサリーにしてみようと思います!

Threshのランタンに囚われたLucianの妻Senna

用意するもの

・ヴィトラーユ(レジン用着色剤)
・蓄光パウダー(ピカエースホワイトマジック)
・UVレジン溶液
・カラワク(丸)
・角カン(ランタン)
・チェーン
・革ひも
・その他パーツ(鍵など)
・マスキングテープ
・UVランプ(36W・日光でも可能)
・エンボスヒーター(なくても可能)

今、手軽に楽しめるレジンクラフトは大人気!
レジン溶液や蓄光パウダーは手芸屋さんやアクセサリーパーツを取り扱っているネットショップなどでカンタンに手に入ります。

そして、革ひも、チェーンやカラワクは100均で売ってますよ!

チェーンやカラワクは100均で買えます!

チェーンやカラワクは100均で買えます!

土台づくり

まずはカラワクに無着色レジンで、うすーい透明の土台を作っていきます。
そのままだと流れて行ってしまうのでマスキングテープを張り付け、そこに無着色レジンを流し込みます。

マスキングテープを張り付け、そこに流し込む

マスキングテープを張り付け、流し込む

このときテープの粘着面とレジンが接着しますが、あとで補修するので気にしないでください。

薄くレジンを流し込んだら、気泡をとるためにエンボスヒーターをあてます。
(温度が高くなるとレジンの粘度が下がり、気泡を取り除きやすい)

ヒーターで温度を高め、レジン内の気泡を潰します

ヒーターで温度を高め、レジン内の気泡を潰します

気泡を爪楊枝でつぶし終わったら、UVランプまたは日光で硬化させます。

UVランプ36Wで硬化はだいたい2~3分。日光だと季節によって差がありますが、大体30分ぐらいが目安です。

一気に分厚いものを硬化させると硬化しにくいで薄く何回もしたほうが効率的!今回は6回に分けて硬化しました。
(表面がべたつくときは硬化していないので再度硬化してください。)

UVランプが無ければ、日光でもOK!

UVランプが無ければ、日光でもOK!

ランタンに魂を閉じ込める

土台ができたら、いよいよランタンに明かりを入れていきます。

ちなみに今回は、ランタンに良い形のパーツが見つからなかったので角カンを使用してます。
(※角カンとは:鞄のヒモ調節部に使われるパーツ)

魂があふれ出さないように、まずは角カンにもシッカリとマスキングをしましょう。

しっかりマスキング!

しっかりマスキング!

ランタンは光るため、蓄光材を混ぜこんで再現します。

蓄光剤を混ぜ込む!

蓄光剤を混ぜ込む!

この蓄光材は色もよく、輝度も高いですがそれ自体は白いためヴィトラーユで着色します。
(爪楊枝の先の先で付けるくらいでも十分に色づきます)

ヴィトラーユで着色!(ほんのちょっとで大丈夫)

ヴィトラーユで着色!(ほんのちょっとで大丈夫)

着色が終わったら、先ほどマスキングしたパーツに着色レジンを流し込み硬化させれば完了!

手で暗がりを作ると……。

手で暗がりを作ると……。

最後の仕上げ

さて、先に硬化させて土台を作っていたカラワクですが、マスキングテープを外すと、粘着面に当っていた部分が磨りガラスのようになっています。

上からレジンをたらし硬化させると透明に戻りますが、あえて磨りガラスのような質感を活かすのもいいですね!

磨りガラスのような土台にレジンをたらすと透明に。

磨りガラスのような土台にレジンをたらすと透明に。

カラワクの中にパーツたちを置き、レイアウトを決めていきます。

自分好みのデザインにできるのが手作りアクセの魅力でもありますよね!

自分好みのデザインにできるのが手作りアクセの魅力でもありますよね!

レイアウトが決まったら、レジンを流し込み、硬化させていきます。

うすーく、何回もやることでぷっくりした質感に。
(※今回はランタンの輝度がイマイチだったので、カラワクにも蓄光レジンを流し込んでいます。)

最後に革ひもを通し、今回は長さ調整用のパーツも取り付けています。

革ひも、長さ調整用パーツを装着。

革ひも、長さ調整用パーツを装着。

完成!

Threshモチーフのアクセ、完成です!

Threshモチーフのアクセ、完成です!

今回は、Threshのランタンをモチーフにしつつ、市販のパーツを利用し加工はせずに作ってみました。

ぜひ、自分好みにアレンジしてオリジナルのアクセを作ってみてくださいね。

本格的にスプラッシュアートを再現したい場合は、ちょっと手間ですが型抜きをして枠作りから挑戦しても面白いですよ!

Come out and play...

Come out and play…

(編集:オオギ)

Lisa
かわいいものとARAMが大好きなクラフターです
Return Top