LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

TSM Lustboyが振り返るIEM 2015

TSM Lustboyが振り返るIEM 2015

1.
1時間後に空港から出発するが、今の時刻は早朝1時。暇でやることがないので一文書こうと思います。

2.
はじめに、ポーランド人はポーランド語を母国語として使っている。ポーランド語はそもそも語源が英語とは異なるため、全く聞き取れず、当然のようにポーランドに住む人は英語が使えない人が多い。(英語を学んでいないヨーロッパ人となんとか意思の疎通がとれるレベル。英語を恐れずに使えるということ以外は韓国人のほうが平均的にレベルが高い)

3.
Katowiceは工業都市?開発都市?なんと言えばいいのか、一言で言えば何もない都市です。郊外の方に出て行けば少しはありますが…。まだ、あまり開発されていない都市なのか、本当に何もすることがありません。そしてここにいる人達は英語が出来ません。あ、2013年の大会もKatowiceでしたよね。

4.
GE TigersとCJ Entusは大会の前日に到着し、そのまま試合を強行させられました。コンディションが全般的に良くなかった状態でした。他の多くのチームは既に到着しており、余裕があったのに…。さらに、ホテルの朝食は10時までしか食べることが出来ず、大会の時間は夕方だったのでコンディション管理は難しかったことでしょう。

5.
他のチームは各自わかっていたので各々上手く調節できましたが、上手くコミュニケーションが取れなかった点でスケジュールにミスが出たのだろうと思います。

6.
大会の前日にいくつかのアジアのチームとScrimをしましたが、この大会が一方的にアジアの流れになることはないなと感じました。

7.
大会会場はLCSを超えており、最も良い質だと思います。規模や壮大さ、機器など。ところでモニターは2560と解像度が大きすぎました。ほとんどの選手は既存の解像度である1920にしてウィンドウモードでプレイしていました。

8.
現地関係者たちもWEの意外な姿と、韓国の不振にとても驚いています。しかし、現地の雰囲気は韓国チームの実力が落ちたなと評価するのではなく、この大会に限って調子が悪いんだろうなとあまり深刻には考えていません。

9.
ポーランドの女性の人は可愛いです。夢の国です。しかし、近づきたければポーランド語を勉強しなければいけません。

10.
個人的に、負けた選手に対しての批判は大丈夫だと思っています。しかし、そこにファンの行き過ぎた個人的な感情の介入(例:失望した。韓国のチームの試合は二度見たくない。)は少し問題だと思います。がっかりしたということだけで十分に表現したいことは伝わります。そこに加えて個人的な感情を付け加えるのは過剰な表現だと思います。

11.
MSIでは韓国チームがこのような恥ずかしい姿は見せないでしょう。MSIではおそらく恐ろしい姿を見せることになります。これからのためにも代表の選手たちや大会を応援してください。

12.
これからゲーム知識が豊富な第一世代がさらに市場に出回って彼らの価値は高くなることでしょう(個人的な考えなのであまり推測しないでください)

13.
皆さん、TSMと北米およびヨーロッパのチームも応援してください!IEMだけじゃなく、他の大会であっても攻撃的な発言は控えましょう!

原文

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top