LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

壁に耳あり障子に目あり 森にフェアリー “Jungle Lulu”

壁に耳あり障子に目あり 森にフェアリー “Jungle Lulu”

1.まずはLuluとはどのようなChampionなのか

Luluはユーティリティ(簡単に言うと色々なことができる)に特化していて、序盤から後半までやることがはっきりとしているのでチームのコンセプトとして合わせやすく相手のカウンターとして出しやすい。

Luluが特に真価を発揮するのは集団戦で、理由は後で記載。なのでチーム戦をやる上にあたって非常に有用なChampionである。その上、一番うれしい点は練習量が少なくても簡単に修熟できる点だろう。

2-1.Luluが良く合う構成

Luluはチームのコンセプトとして組み込みやすいChampionであると前述したが、書き出したらきりがないので、2通りの構成の例を挙げることにする。

(例1)
TOP:Maokai
Jungle:Nidalee
MID:Lulu
ADC:Kog’Maw
Support:Janna

これは説明なしでも一目瞭然だと思う。LuluはMIDでありながらもダメージを捻出することができ、その上Kog’Mawを守ることも出来る。Kog’Maw以外のChampionは全員彼を守ることが可能で、ADCに重きを置いた構成の時にProtect ADCとしてLuluを使うことが出来る。

(例2)
TOP:Kennen
Jungle:Rek’Sai
MID:Zed
ADC:Kalista
Support:Lulu

これはどういう構成なのか一目では理解できないと思うが、Luluが存在することによってチームにある大きな要素をもたらしている。それは何かと言うと”機動力”である。

LuluのWを活かした機動力を起点にチームがKitingをしながら戦うことが可能になる。

Rek’SaiあるいはKennenを起点にLuluがULTでCCを重ねてAoEで集団戦を起こすことも出来れば、ZedやKalistaにWをかけて浮いている敵を一瞬で倒しきるということもできる。

2-2.Luluがカウンターとして生きる

Luluはレーン戦、集団戦とカウンターが非常にしやすい。

具体的なマッチアップ例を挙げてみると最近流行りであるJannaやAnnie、Namiなどの最近流行っているChampionに対して有利をとることが可能である。

大きな理由は通常攻撃のパッシブとQである。ここも各Champion別に書き出すと長くなるので割愛。その上集団戦でもAssassinやBruiserを相手にする時も対処しやすい。理由は簡単である。Wを相手に使えば相手は無条件で行動不能になるのだから。

3.Luluを使う

最初にLuluは修熟しやすいと書いた。

理由はここにあって、やることがはっきりしているのでそれさえ出来れば”最低限は動ける。”という意味だ。

つまり何をやるかというとローディングの画面で「この味方がイニシエートをするならWで足を速くさせてから合わせてULTを使おう。この相手は絶対にADCに突っ込んでくるな。突っ込んできたらWを使って止めればいいからWを温存しておこう」などと留意しておけばいいのだ。

やることははっきりしているので習熟度は低いといったが、もちろん基礎の上での話だ。もし上を目指すのであればどのChampionよりも扱うのが難しいChampionの一人になるだろう。

理由としては出来ることが多すぎる。要するに選択肢が多いので予め行おうと用意して置いた行動や、一瞬の瞬発力で行ったとっさの判断のどちらが正解かは一概にわからないからだ。

しかし、Luluは出来ることが多い以上、それだけ使う価値があるChampionだと思う。

4.なぜLuluをJungleで出すのか

ここまでの文章を読めばLuluというChampion自体が強いということがわかるはずだ。

相手にLuluを渡したくない。むしろLuluを使いたい。しかし、TOPとMIDとSupportでやりたいことが既に決まっている。そうなった時に空いているレーンがJungleだった。

Jungle Luluは一見トロールのように見受けられるかもしれない。

しかし、彼女のJungling性能は他のChampionとくらべても並々の性能で、Jungle ItemをMagusにアップ・グレードすることによって、Luluにとって重要なCDを稼ぐことも出来る。

その上本来Luluを置くはずだったTOPやMID、Supportに別のChampionを置くことで、本来のメタでは実現不可能だった構成を再現することも可能になる。

そして、一番大きいのはFlexible Championだということだろう。本来であれば、LuluはTOPかMIDかSupportの3通りだとステレオタイプに考えてしまうが、あえてJungleとして活用することによって相手の歩幅をずらすことができる。

5.LuluをJungleとして使う

LuluをJunglerとして迎えるにあたって必要な要素がいくつかあるので説明をする。

まずは、TOPにTankあるいはBruiserが必要なこと。いくらLuluがダメージを軽減出来るULTやW、Eを持っているとしても一瞬で倒されてしまっては元も子もないので代わりにダメージを受けるChampionが一人は絶対に欲しい。

そして、MIDとADCは持続的なDPSを出せるChampionである。というこの2点さえ守ればLuluをJungleとして出しても有効活用出来るだろう。出来ることならばSupportはJannaやMorganaなど、Peelの能力の高いChampionだと望ましい。

6.終わりに

本当はもうちょっと細かく書いたほうが面白い記事になるんだろうなぁと思いつつもLulu Jungleなんて誰も使わないでしょって思いながら書いたからかなり適当な感じになってますが、だいたいこんな感じの理由です。

楽しみながらプレイするのがゲームだと思うので、楽しむならトコトン楽しみましょう!

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top