LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

レートを上げるためのJungleのイロハ

レートを上げるためのJungleのイロハ

本当にレートを上げたい。
スコアが悪くなることよりも、負けることのほうが嫌だ。
このように思っている人はこの文章を熟読してください。

ここでは私がSeason4の時にKRサーバーDiamond1で長期間プレイしてきた中で培ったことを書いていこうと思います。

私はEliseを主に使ってきました。
今では主流ではないChampionの一人で、勝率も約46%と使い物にならなくなってしまいましたが、私はSeason4の時、Eliseで84%という勝率を叩き出しながら約60戦でDiamond2に上がっていきました。どういうことかと言うと、OP Championを探そうと苦労しなくても、自分が好きなChampionを使ってレートを上げればいいということです。
しかし、今のJungleではこうは言っていられないかもしれません。だって、そんなChampionいませんからね。

誰かがこの記事を読んでRankが上がり、書いた私が後悔するようなシーンが訪れたら嬉しいです(笑)

①Jungleのプレイスタイル

Junglerたちは各々のプレイスタイルがあります。一から十まで全てが違い、私の場合はBOTへのGankを中心にADCにキルを与え、集団戦時にADCを絶対に倒されないようにするようにしてゲームの勝つというのが私のプレイスタイルです。これは私がEliseをメインに使っているからでしょう。Eliseは相手のMIDやADCのダメージを食らうふりをしてスキルとフォーカスを受け、Eの飛びつきで味方のADCに張り付いてるChampionに向かい守るというのが定石でした。私はレートをあげるために自然にこのようなプレイスタイルになっていました。もちろん、人によってプレイスタイルは千差万別ですが、私はCounter Gankがない限りはキャリーを育てることを第一に考えてプレイしています。

序盤はTOPに執拗にGankをし、タワーをすぐに破壊してからDragonを取り、BOTに行ってからMIDに流れるという行動もあります。決まった答えだけではなく、様々な状況に応じてどのようにすれば試合に勝てるのか柔軟に能動的に考えて動かなければなりません。

そして、ゲーム開始時にはチームと一緒に行動しましょう。序盤の視界はゲームの勝敗に影響するほど重要なのでTrinketを惜しまないように。そして相手が視界に入ったらTabを押してFlashにカーソルを合わせてCDを確認しましょう。300秒なのか、270秒なのか。

Masteryで相手のサモナースペルの時間は変わってくるのでそこは意識しておきましょう。Flashの有無によってJungleのルートは変わるし、やれることも変わってきます。常に敵味方のFlashの時間は測るように意識しましょう。

そして、Jungleを回りながら上の空になるのはやめてください。Jungle内でモンスターを狩りながらしっかりをMAPを確認してレーンの戦況を確認出来るようにしましょう。そして、それを考慮してJungleのルートも考えるように。Jungleは手先の技術よりも頭脳が重要になります。実際、私はBronze5に1:1で挑んでも負けるレベルだがゲームに支障はない。

②ゲームを一発逆転する最高の方法はCounter GankとDiveです。

Counter Gankの基本原則は相手の立場になって考えるということです。相手Junglerになりきって、どこに行くのか何をするのか考えましょう。味方のレーンの状況、相手のJungle内のモンスターの有無、カニを倒したのか倒していないのかを元にして迅速に判断できるようにしましょう。その上で、どこを注意すればいいのかと味方に教えてあげてください。

Diveをする時は、相手Junglerが長い間見えていない時はしないほうが吉でしょう。相手Junglerがどこにいるのか確認してからDiveをすべきです。

Counter GankとDiveを成功させれば、相手のCSと経験値を大幅に落とすことが出来ます。Diveをする時は必ず誰が先にタワーのダメージを食らうのか、自分が何発まで受けることが出来るのかを感覚的に計算して可能な限り損害を抑えなければいけません。

相手のレベルとアイテム、相手がWardをいくつ買ったのか、またどこに置いて何分に消えるのかを出来る限り計算して、Wardを避けて行動しましょう。相手の視界を避けて通るということは、相手からするとかなりのプレッシャーになります。

そしてJunglerはミニマップから5秒以上目を離してはいけません。常にミニマップを見る覚悟でプレイしてください。

自分が相手のJunglerよりも優れているのか劣っているのかはレベルを見ることで判断することが出来ます。Junglerはレベルが非常に重要で、ゲームが有利な状況に進んでいても相手のJunglerのほうが自分よりレベルが高かったら、すぐにJungle内を回って相手のレベルに追いつくようにファームをしましょう。

視界がよく確保されている時はCounter Jungleに行くこともレベル差を広げる良い行動です。また、Gankを成功させたら必ず一緒にレーンを押してレーンにいる味方と経験値を共有することも重要です。

1.Junglingする時間をGankに回したので経験値を共有しても問題ない
2.Gankした時に相手がJungleを回っていたらレベル差が生じる可能性がある
3.レーンを迅速に押すと、相手のレーナーはCSの損失が大きい
4.押されているレーンをカバーしようと相手のJunglerは動いてくるので相手の動きが誘導出来る

③Supportとの呼吸

レートが下になるほどSupportのRoamingは見かけづらくなります。CCのあるSupportと共に動くだけでGankの成功率が上がります。ゲーム中に味方のADCの経験値を吸うだけSupportがいる場合は、「一緒にRoamingをしよう」と誘って一緒に動いてみましょう。相手のJungleの視界を取りに行きやすく、キルを取ることも出来る良い方法だと思います。しかし、相手がLeonaのようなDiveをする恐れのあるSupportの場合、相手のSupportも合わせてRoamingをしてくる可能性のある場合、味方のADCが耐えられない場合は注意する必要があります。

④集団戦時の立ち位置

集団戦をすると、パニックになって何もすることが出来ずに倒される時があります。もし、そういう場合は味方のADCやMIDに付いていきましょう。通常の集団戦は相手が味方のキャリー陣を捕まえに来るはずなので、中に入ってきた敵を捕まえて倒しましょう。そうすれば一人分の役には立つことが出来ます。集団戦に自信がないのならばこのようにしても悪くはないです。

⑤コミュニケーション

ゲームをしていると味方が味方じゃない場合があります。攻撃的な発言をするプレイヤーはすぐにIgnoreしましょう。しかし、これを実行しない人はかなり多いです。私は試合に勝つために味方が悪口を言ってきたら腰を低くして謝り、すぐに全員をIgnoreします。わけもなく悪口を見て嫌な気持ちでプレイをしていては勝てる試合も勝てなくなります。Ignoreの良い点はゲームに集中できる点です。そのように集中してプレイしているといつしか試合は勝ち始めているはずです。このようにプレイをしたおかげで勝った試合は100試合を超えています。

そしてゲームに本当に勝ちたいのにコールをしないのはLoLの中では通用しません。自分がJungleを回りながら考えている有益な情報は全てチームメンバーに共有すべきです。「誰々が来るかも、ここが危ないから気をつけて」といった会話をすると味方も少しゲームに対して責任感を持つのではないでしょうか。

私も味方も少し集中するようになります。必ず味方と情報を共有しましょう。もし、自分がアイテムをどのように買い進めていくのかわからない場合は、自分のアイテムビルドだけでゲームを進めるのではなく、味方にも聞いてみましょう。多分ですが、無視されることはありません。そして、レートが低くなるほどにマップにPink Wardが少なくなっていき、一つもない場合もあります。必ず味方にPink Wardを買ってくださいと乞いましょう。Pink Wardとチャットに打つだけでゲームに勝つ確率が上がります。

⑥Sightstone

LoLは基本的に視界を中心に進行するゲームです。これはSolo Rankedをすれば感じるはずです。時間が過ぎていけば行くほど視界を中心に全てのことが進んで行きます。もし、相手のJunglerがLee Sinで相手側のSightstoneが2個ある場合は、当然のように視界差が生じることでしょう。したがってあなたも状況に合わせてSightstoneを愛用してください。800 Goldではあるが、ゲームが終わるまで常にWardを置き続けることが出来ます。私はSightstoneをEliseでよく購入します。味方のダメージとタンクの能力が十分で、視界不足だと思ったらSightstoneのことを思い出して欲しいです。そしてレベル9になったら必ず赤Trinketをアップグレードしましょう。

⑦勝ってる時に遊ぶな

勝っているからといって意味のない行動をして遊ぶということは迷惑極まりないことです。味方が勝ったと思い少しでも試合を投げ始めたら注意をすることです。勝っていると勘違いしていても実際には全体で3000 Goldの差しかない場合もあります。逆の立場の場合は集中力を失わないようにしましょう。相手が序盤に少し活躍したからといってggの一言で諦めるのではなく、今自分に出来る最善策は何であるのか判断して行動するべきです。勝っているのであれば、どのようにすればもっと差を広げられるのかを考えましょう。そして、どんな有利になった状況であっても真剣にゲームをプレイしましょう。

また、他の要点をまとめてみると
1.Dodgeすることを惜しまないこと。
2.もし対象指定スキルを持っていない場合は、最初に使って無駄遣いさせるよりは味方のCCに合わせて使うこと。
3.相手のTOPがTP、味方のTOPがTPではない場合、TOP Gankでリコールさせたりキルを取ってTOPをプッシュしましょう。相手のTPを誘導させると味方のBOTに負担がかかりません。(TPしてきた敵を待ち伏せしてもう一度倒せればベストです)
4.負け始めたらPink Wardを必ずに買いましょう。負けている時には自軍Jungle内ですら自由に入れなくなります。守備的なワーディングで逆転のチャンスを待ちましょう。

原文はこちら

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top