LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

2014WCS決勝レーン別マッチアップ(やっつけ)

目の前に迫っているWCS Season4決勝戦。韓国と中国の自尊心をかけてSamsung WhiteとStar Horn Royalが戦います。どの試合よりもドラマが多く生まれるであろうこの試合はこの大会の中でも最も注目される戦いとなるでしょう。

2つのチームは前Seasonで苦い思いをしている。Samsung Whiteはグループリーグ脱落という期待以下の成績を残し、Star Horn Royalは決勝の舞台でSKT T1 Kに3:0で惨敗してしまった。なので、今回の決勝戦で素晴らしい姿で優勝トロフィーを勝ち取ることで両チームの悲しみは解消されるだろう。

 

<Samsung White vs Star Horn Royal レーン別マッチアップ>

 TOP : Looper vs Cola

Looperは安定したプレイを見せていたにもかかわらずあまり注目をウケていなかった。かえって特徴のないTOPレーナーとして呼ばれ、普通の選手と評価された。しかし、今回の世界選手権を通してLooperは自分の真価を発揮してくれた。全てChampionで最も完璧なプレイを見せてくれた。Tankでプレイするときは最前線で相手の主要なCarryを苦しめ、ユーティリティの良いChampionでは適切なスキルの活用を見せてくれた。さらに、Akaliのような珍しいChampion
を使いチームを勝利に導いた。最近のメタではTOPでのキャリーが難しいという評価を嘲笑するようなプレイだった。

Colaは以前から起伏が激しいプレイという評価を受け、今回の世界大会の舞台でもこの問題は克服しきることが出来なかった。しかし、大会が進行していくにつれ、’Cola’というプレイヤーは成長していった。大会でよく見るIreliaとRyze以外のChampionを使いチームに活力を吹き込んだ。今回の決勝戦では”Cola”の活躍が最も重要である。

icon-check-square JUNGLE : Dandy vs inSec

最も注目すべきマッチアップである。二人とも最高の実力を持っているプレイヤーであり、どの試合よりもJungleの戦いが熾烈になるだろう。

Dandyは今回の世界大会を通して完全無欠のJunglerへと生まれ変わった。完璧な視界掌握能力と、絶妙なGanking、そして優れたプレイヤースキルとJunglerにとって必要な全てを持っている。

しかし、Insec選手も劣ってはいない。”InSec Kick”の創始者らしい素晴らしいプレイを見せてくれた。様々なチャンピオンで試合を動かして行った。集団戦ではStar Horn Royalの突撃隊長の役割をしながら、チームの勝利に大きく貢献している。また、重要な瞬間に何かしてくれる”スタープレイヤー”らしい姿は相変わらず健在だ。

現在世界最高のJunglerと呼ばれているDandyと過去に世界最高のJunglerと呼ばれたInSec、今回の決勝戦を通してどちらが世界最高のJunglerのタイトルを獲得するのか数多くのファンは期待している。

icon-check-square MID : Pawn vs Corn

Pawnは実力に比べて低く評価される選手だった。しかし、紛うことなく確実に試合を掴み、試合をキャリーする能力を持つ選手だ。しかし、緊張しやすい性格のため、(韓)国内の舞台では惜しい姿を見せてしまった。

しかし、今回の世界大会では、その舞台恐怖症を完全に克服したようだ。Pawnは色々なChampionを使いながら、”私を止められるなら止めてみて”と感じさせるプレイをする。それだけ全てのChampionで良いプレイを見せてくれる。

CornはColaと同じように起伏の激しい選手だ。しかし、彼のOriannaは一級品だった。幻想的にULTで決定的な一撃を決めてチームを勝利へ導いた。実際にCornがOriannaを使用すると、最も輝く理由は、チームの傾向である。’Uzi’を守ることに集中しているチームのスタイル上、Cornに最も適したChampionはOriannaである。果たして、今回の決勝の舞台でもCornの一級品のOriannaを見ることは出来るのだろうか?

icon-check-square BOTTOM : Imp, Mata vs Uzi, Zero

プライドをかけた戦いである。今回の世界泰で一番多く注目を受けたポジションはADCである。Imp,Uzi,Deft等多くの選手たちが最強の座を置いて戦った。特にUziはStar Horn Royalの始まりであり、終わりである。それだけチームの戦術で大きな役割を果たしている。残った選手はImpとUziだけだ。この対決で勝利した選手が優勝トロフィーと「世界最高のADC」の称号を獲得する。

圧倒的な実力で全てのSupport達を下したMata、そして、彼の相手となるZeroの対決も見逃せない。二人のプレイスタイルは両極端に位置している。Mataは全てのマップを活発的に動かしながら、視界の掌握と他のレーンに集中していて、Zeroは全てのプレイがUziのためである。どのようなプレイスタイルがより良いのかは簡単に語ることができない。

決勝の舞台で最も熱い戦場であると期待されているBOTレーン。ADCとSupportだけではなく、TPで合流するTOPやJunglerの介入等が活発に行われる。おそらくBOTで勝利するチームが優勝出来るであろうと期待する。

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top