LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

絶対的な知識の百科事典~Jungle編~

まずはじめに、Junglerとは何かについて考察から始めていきましょう。
Junglerの役割は、ゲームの勝利を目標にした時、本格的な集団戦が始まるまでに最小限の不利をなくし、最大限に有利に導くことです。

つまり、Junglerを正しくプレイするということは、集団戦が始まる前に味方を有利な状況に導くこと。
具体的にはGank(あるいはCounter Gank)、レーンコントロール、Counter Jungleを通して序中盤に影響を与えることにあります。

Junglerで”どのようにして利益を得るのか”という点について書いていきます。

 

まずは、Junglerとしてやらなければいけない基礎プレイから知っていきましょう。

(0)Jungle内でBuff以外の中立Monsterを攻撃している時は画面を動かして味方(特に体力の低い味方)の状態を見てGank、Counter Gank、カバーなど何を行うか予め考えておきましょう

(1)チームの構成と序盤の味方の動きを見て誰を育てるべきか、また誰を止めなければいけないのかを判断します。そして、その後に該当するレーンに集中して直接的にも間接的にも助けられるようにします。Junglerは何も考えずに適当にうろつくのが仕事ではありません

(2)3レベル前に取るRedとBluffは必ず、Counter Jungleに備えてWardを挿してください。最初のBuffは味方に要請し、次のBuffは自分でTrinketを使ってから安全に取りましょう

(3)リコール時、Wardを最低でも2個は購入し、攻撃的なWardingをしていきましょう。この時、Jungleの入り口であるWraithsの横の草むらの視界を確保するようにMIDにお願いすることが本当に重要です。

 

1.Gank
Gankは大きく一般的Gank、Dive Gank、Timing Gank、Counter Gankに分けることができます。

(1)一般的Gank
主にレーンの中心で戦っているか、引かれている場合に用いられます。

(2)Dive Gank
これは味方がレーンをおもいっきり押して、Minionも敵のTowerの手前で、敵Championの体力もそれ程高くない場合に行います。
TOP、BOTはレーンブッシュのWardの有無を確認した後、Counter Gankをするかのように草むらで待機してからダイブをしたり、後ろから回りこんでそのままTowerにダイブすることも可能です

ただし、少し深めのWardingで相手Junglerの位置を把握することで不安要素を取り除いたり、相手のレーナーがダイブすることで確実に倒せるのかどうかを確認してからのみDive Gankをしなければいけません。テレポートやグローバルULTも必ず考慮してください。

(3)Timing Gank
個人的には一番重要なGankだと考えています。Timing Gankという名前は私が勝手につけているものであり、方法はJungling中に味方がソロキルあるいはお互いに倒されそうなレーンを見つけたら、無条件で走って行き近くで待機して敵がキルを取りにいこうと攻撃的になった時に、Counter Gankのようにタイミングよく登場し、Gankすることです。このGankは味方が死ぬことを活かすのであり、敵を非常に倒しやすいです。

役に立たない味方が多いほどこのGank方は重要になります。
本人のレートが低いのならばこのGankの仕方を用いることでレートを上げることが可能でしょう。(当然理解度は必要)
Lee SinやJ4、Viなど機動力が高く、序盤が強いJunglerがやりやすいでしょう。

とにかくこのGankをするためには、ミニマップと味方の体力をしっかりと注目することがとても重要です。

(4)Counter Gank
Counter Gankが強力な理由は、相手が近づいてくるためにスキルを使う場合が多く、自身は相手に確実にスキルを当てることが出来るのでスキル差で大きな差が生じるためです。Counter Gankをするためには深めのWardingをして相手のJunglerの動きを把握することが求められます。あるいは、視界がとれていなくても、自分が敵チームならば、この場所にGankするだろうと確信があるのならば、そのままCounter Gankすることも良いでしょう。
ただし、注意点は味方レーナーが敵の攻撃を食らいまくって一瞬で体力を削られてしまったらCounter Gankも何もないので予め声をかけておきましょう。

2.レーンクリア
Gankに失敗しても、レーナーがリコール求めていたら、一緒にレーンを押すことが重要です。
レーナーがつらい状況ならば一緒にレーンを押してさっさとリコールさせたほうが良いです。
もし、一緒にレーンを押してる時に悪口をいうのであればそのままMuteにしてもらっても構いません。
参考までに、集団戦フェーズの時にレーンを戦略的に形成しようとするのならば、レーンクリア時に敵Minion3体残しておけば相手のタワーまで勝手に押してくれるようになるでしょう。

3.Counter Jungle
Counter Jungleは深めのWardingを基板として、相手Junglerがノコノコと歩いてるところを直接倒しに行くか、相手の動きを把握して、該当レーンに注意を促した後、逆に相手のJungleを食い荒らすことも良いでしょう。
基本的には視界を確保してから動くのであり、チームの依存度が大きいので無理な行動は自制しましょう。

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top