LoLの情報サイト Mikulas(ミクラス)

レーン管理について(TOP,Jungle編)

前編に続き、TOP, Jungleについても書いていきます。

ビッグウェーブ
―TOP編―
TOPは孤独なレーンです。
全レーンの中で最もJunglerの介入が少なく、一人で上手くプレイする必要があります。

通常JunglerはGank後にオブジェクトまでつなぐことの出来るMIDやBOTを好み、硬いChampionが多く、Gank後に対して大きな利益を得ることが出来ないTOPはあまり行きたがりません。

なので、味方Junglerを呼ぶためには必ず利益を見出さなければいけません。そこで最も利益を得やすいタイミングがあるのですが、それがまさにビッグウェーブです。

TOPレーンもビッグウェーブ時にMIDやBOTと同じように選択肢が

1.タワーダイブ
2.タワー破壊
3.Counter Jungle

と存在しており、タワー破壊とCounter Junglerは保険程度に考えてダイブを優先的に考えなければいけません。

TOPレーナーは硬くなり、安全にスプリットプッシュをするためにはある程度のコアアイテムが必要になってくるためです。
そうすると、ダイブを通じて相手のTOPレーナーと差を広げていくことが最も良い選択肢です。

それではまず、ダイブをするための事前作業を調べてみましょう。

1.相手のスペルの消費
ダイブ時に一番気をつけなければいけないことは、相手のFlashやその他逃げスキルです。
自身がFlashを使った時に相手もFlashを使うであろう場合は遠慮なくFlashを使って果敢にダメージ交換をしていきます。

2.Junglerの位置確認
敵Junglerの位置確認も重要です。もし、ダイブをする時に敵JunglerがCounter Gankをしてくれば、そのままゲームが終わってしまう可能性があります。ダイブをする前は敵Junglerの位置を必ず把握してください。

・ダイブする心理
ビッグウェーブ時のダイブは果敢にするべきです。自分と相手が相打ちになった場合、相手はCSと経験値を多く落とすことになるので、味方のJunglerがキルを取り、自身が倒されたとしても相手を倒すことが出来るのならば、利益を見出すことができます。

しかし、味方Junglerが倒される場合は大損害です。他のレーンにも影響を与えなければいけないJunglerを倒すことが出来るのであれば、相手は果敢に攻めて来るでしょうし、倒された場合、味方は無言のプレッシャーを感じて少しずつ損害を被っていくでしょう。

・ダイブが不可能な時
相手の生存能力が高く、ダイブが無理そうな時はCounter Jungleやタワー破壊を試みましょう。
自身のレーン戦が有利で、敵がタワー下でファームをして育って行くようなChampionならば、早くタワーを破壊するのが良くて、そうでないのならば、Counter Jungleあるいは早めに帰って装備を整えるのが良いでしょう。

もし、Counter Jungleをするとなれば、最も理想的なタイミングは敵のBlueやRedのタイミングです。
紫チームならば敵Blueへ。青チームならば敵Redのタイミングです。
特に紫チームである場合、味方JunglerとMIDを呼んで3:2の戦闘を起こすことが出来るならば大きな利益を得ることもできます。
もし、敵のTOPもタワーを捨てて3:3で戦闘を起こしに来るのならば、敵のTOPはCSと経験値を捨てて来ているということなので、悪くはないです。

―Jungler編―
JunglerはGankを通じて味方レーンに利益を与えるポジションです。
Gankをどのぐらい精確に成功させるかによって、Junglerの実力が判断されます。
それでは、味方のレーンがビッグウェーブの時、Junglerはどのような行動をすればよいのでしょうか?

ひとまず、ビッグウェーブの兆しが見えたのならば、そのレーンの近くの中立Minionを倒し、そのままレーンからGankに行くのが最も安全なルートです。Wardで見つかることもなく、敵JunglerがGankに来てもCounter Gankをしやすいポジションです。

もし、ビッグウェーブ時に敵がGankしにきたのならば、Counter Gankをすれば絶対に利益を得るでしょう。なぜならば、味方のMinionが多いので、2:2でダメージ交換をした場合に無条件でMinionの加護を受けることができるからです。

ダイブする時に倒せると判断したら果敢に侵入し、敵レーナーを倒し、レーンを押しましょう。
もし、倒せないと判断したのならば、敵レーナーが味方Minionを処理している間に味方のレーナーと一緒にオブジェクトを取りに行くと良いでしょう。

・味方にビッグウェーブが来る時
事実、ビッグウェーブが来る時が一番Gankしやすく、Counter Gankに当たる場合も最適です。
押すレーンなので、後ろ側から回って行けば敵はタワーまで近づくことが難しくなります。
しかし、敵のMinionが多くて不利な状況になる可能性があり、敵Junglerの動きが見えない場合、または味方レーナーの体力とマナがなく、追撃が難しいと判断した場合は、最大限守備的に動き、味方レーナーのCSを取りやすくするために敵のダイブに対する待機や、バックアップの準備をしなければいけません。

綺麗に成功するGankでない場合は、無理やりGankをしにいくのはやめてください。
味方レーナー達は成功するか、失敗するかわからないGankに対して無理に合わせたくはないからです。そのせいでCSを落としたり、経験値を失ってしまう可能性があり、大抵は損をする場合は多いからです。

―終わり―
レーン戦をしていれば、いろいろなレーン状況が生じます。押し引きの激しいレーン、レーンフリーズ、ビッグウェーブ等。その中でビッグウェーブが一番利益を得ることが簡単で、いろいろな状況が生じるので、ビッグウェーブについて重点的に書いてみましたがまだまだ足りないのが目に見えて明らかです。
しかし、この文章で少しでもレーン管理に対する理解度が高められたら良いでしょう。

Mikulas編集部
Mikulas編集部です。LoLのカルチャーを隅から隅まで追いかけます!
Return Top